2008年04月07日

お詫びとお礼です。

訪問していただいた方に「精一杯の有難う」です。

さて、楽エン本舗ご利用の皆様に、お詫びとお礼を申し上げます。

オンラインショップ楽エン本舗は、昨年(2007年)9月30日末をもって、閉鎖となりました。

長らくの間、ご利用いただき、誠にありがとうございました。

このたびの閉鎖は、エンヨーの輸入代理店の不誠実な対応、すなわちエンヨー代理店が商品の発送業務を放棄したことです。

発送業務を放棄するなど、責任感も義務感もない言語道断な行為です。

加えて、法規範意識が薄いことです。

これでは、楽エン本舗としても、事業継続に責任をもてなくなり、断腸の思いで閉鎖することになりました。

ご愛顧いただいたお客様においては、申し訳なく、そして感謝しております。

また再開の際には、よろしくお願い申し上げます。

長らくの間、ありがとうございました。

重ねて、お礼申し上げます。

楽エン本舗・店長より
posted by enjo at 09:17| Comment(26) | TrackBack(5) | エンヨー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

著作権

著作権は、なんらの手続きをとらず、創作と同時に権利化するもので、これを侵害すると、厳しい刑罰が科せられます。

10年以上の懲役、1000万円以下の罰金となります。
(著作権法119条)

この2つは併科されます。つまり懲役と罰金の両方です。

また損害賠償名誉回復の請求規定も設けられています。
(著作権法112条、113条)

また両罰規定として、法人の代表者や使用人が違法行為を行った場合は、行為者を罰するほか、法人自身には、3億円以下の罰金が科せられます。
(著作権法124条)

これらは民事上の損害賠償とは違います。

極めて重い刑事罰なのです。

単にホームページをプリントアウトして、私的利用する限り、問題とはなりませんが、権利者の承諾なしに、勝手に複製して、内容の同じホームページを作成するのは、明らかに著作権侵害です。

著作権侵害について、今もって、謝罪の言葉はありません。
posted by enjo at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 特許権・著作権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

重視される知的財産

1980年代レーガン政権下で、アメリカは国策として、プロパラント(特許重視)の政策が採られました。

国が特許支援をして、技術力向上を図ろうというものです。

わが国でも、小泉内閣の下、国の政策として採られ、知的財産基本が平成14年に制定されました。

今では、知的財産の保護期間は、意匠権が15年から20年、著作権は50年で変わらないものの、実用新案権で6年から10年に延長されました。

特許権、商標権など侵害すると、懲役刑を10年、罰金1000万円へ引き上げられています。

また、平成17年4月、知的財産高等裁判所設置法が施行されるにいたっています。

この法律では、知的財産に関する訴訟を専門に扱うことを目的に、裁判所が東京高裁内に設置されることになりました。

これにより、著作権や特許権などの紛争が迅速に行われるようになっているそうです。
posted by enjo at 09:31| Comment(15) | TrackBack(0) | 特許権・著作権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。